「ゴミの分け方・出し方&運動会委員選手選出」平成29年7月25日

札幌市環境局環境事業部豊平清掃事務所の寺崎憲子係長をはじめ3名の方からお話いただきました。DVD視聴から札幌市のゴミ処理について講義は始まりました。札幌市のゴミの分別は9種9分別を基本に取り組んでいます。ビン・缶・ペットボトルの処理の様子から予想以上にたくさんの手作業があることを知りました。それが事前にしっかり分別されることで時間と経費が軽減されるということ。また、一人当たりのゴミが、分別収集導入によって、819グラムから404グラムと半分くらいまでになったこと。でも、一人当たり380グラムを目標に減量しようとしていることなどもわかりました。他にも、たくさんの資料を説明していただき、ゴミに対する見識を深め、合わせてゴミの分別についても再学習しました。

後半は、運動会の委員選出及び選手選出の話合いをしました。運動会の概略を理解しましたので、自分の具体的な仕事や出場種目が決まると今年の運動会が一層自分事として感じ、力が入っていくことと思います。

教養科は今日で1学期終了です。次回は8月22日です。

医療大学合同講義&開拓の村    平成29年6月26日

創造学園41期専攻科51名が、今年で11回目となる北海道医療大学での合同講義に参加しました。この取組は、医療大学看護学科3年生の学生の皆さんに、学園生が「自分史」を語ることで、学生の皆さんが実習で接するお年寄りと元気な高齢者とはどんな違いがあるのかを体験してもらう企画です。学園生には今の若者たちについて知る得難い機会として実施しています。今回は、大学の講義の時間に合わせて午後になりました。そこで午前中は北海道開拓の村の視察研修を行いました。少し肌寒かったのですが、開拓の村ボランティアスタッフの素晴らしい解説に大変勉強になりました。さて、医療大学では20のグループに分かれて交流しました。出会いはお互いに緊張していましたが、交流後は学生の皆さんも学園生も笑顔一杯で、楽しい交流となり、1時間30分の時間があっという間に過ぎたように感じました。最後は全員で合同講義を振り返り、内ケ島先生のコメントに応えて、学園生を代表して石原41期会長のあいさつで締めくくりました。この「合同講義」は、いつまでも続いてほしい企画であることを改めて感じています。

講義「認知症を知ろう、考えよう」   平成29年6月1日

北海道医療大学看護福祉学部の内ケ島伸也先生にご講義いただきました。認知症高齢者462万人という2013年の厚労省の推計数値から講義は始まりました。更には予備軍が400万人とのことです。認知症は高齢者だけでなく若年者にとっても他人事ではなく、自分たちで対策を考える必要があるということがわかりました。認知症とはどんな病気か、ふつうの物忘れとどこが違うのかと、お話は続きました。後半では、認知症になった方の言葉が紹介され、予防のために、食事だけでなく、「運動」「知的活動」「コミュニケーション」の3つを教えていただきました。今だ有効な治療法のない「認知症」について、恐れずに向き合える心構えを学んだご講義でした。最後に、6月26日に行われる「合同講義」について大学の期待することをお話いただき終了しました。次回は、6月6日、講義「時代が求める学校教育」です。

 

講義「りんご倉庫は豊平の宝」   平成29年5月30日

とよひら煉瓦発掘会代表の喜田信代先生のご講義いただきました。九州長崎の歴史的な施設、そのれんがにかかわるお話をスタートに、豊平区に残るりんご倉庫やサイロ、つきさっぷ郷土資料館、キャンプクロフォード(真駒内自衛隊基地)等、月寒に残るれんが造りの建物、月寒の連隊の建物を再利用した建物などを次々と紹介していただきました。後半は、札幌と北海道のれんがのルーツとれんが造りの建物を更に紹介し、限られた時間の講義を締めくくりました。まだまだお話を聞きたいという思いがどの学園生の表情からも伺えました。喜田先生は最近、天主堂建築のパイオニア・鉄川さんの本を発刊され、その異才なる大工棟梁の素晴らしい業績の紹介もあり、さらに興味が広がったと感じています。喜田先生のれんがにかけた大きな情熱が終始学園生に伝わり、時間を忘れてしまうほど楽しいご講義でした。

FMあっぷるに出演しました  平成29年3月16日

創造学園41期の石原会長さん、武藤さん、小林さんの3名と事務局員が、FMあっぷる「豊平区インフォメーション」に出演しました。学園での1年間の学習や課外活動を振り返り、キャスターの宗片さんの司会のもと、約30分余り語り合いました。入学の動機、入学して楽しかったこと、学園の様子などあっという間の時間でした。最後に42期生の募集についてもお話してきました。42期は、3月21日(火)、22日(水)の2日間の受付です。

豊平区創造学園第42期を募集します

創造学園第42期生募集を募集します
創造学園は月寒公民館で開講している高齢者のための生涯学習の場です。多岐にわたる講義や新たな仲間との出会いの中で得たものを、地域活動などに役立ててみませんか。多数の皆様のご応募をお持ちしております。

◆対象者 豊平区にお住まいの満65歳以上(平成29年4月1日現在)で、二年間継続して通学が可能な方。
※シニア大学との同時在籍はできません。
◆定 員 80人。応募多数の場合、年齢などを考慮して選考します(先着順ではありません)。
◆学習期間 2年間(平成29年4月~平成31年3月)で80回程度。講義日は主に毎週火曜日に行います。
◆授業料 無料(視察研修時の交通費入館料等一部自己負担あり)なお、入学時に学園章代他として5百円を徴収、また証明書用写真を2枚提出していただきます
◆申 込 豊平区民センター、区内まちづくりセンター、月寒公民館窓口で3月1日より配布する申込書に記入の上、年齢・住所を確認できるもの(免許証・保険証等)と併せて持参し、3月21日(火)、22日(水)の2日間午前10時から午後4時まで月寒公民館1階大研修室で受付ます。電話等での受付はできません。直接会場へお越しください。なお代理の方の受付は可能です。お問い合わせください。
◆説明会 上記の2日間とも午前9時30分と午後1時の2回入学説明会を行います。説明会後の受付が可能です。
◆その他 2日間の受付で定員に満たなかった場合は4月7日(金)まで二次募集を実施します。手続等は電話にてお問い合わせください。
◆詳細・問い合わせ 月寒公民館まで ☎(851)0482

第35回 月寒地区子どもカルタ大会開催

平成29年1月15日(日)、主催:月寒地区青少年育成委員会、後援:月寒地区町内会連合会、協賛:月寒公民館運営委員会により第35回子どもカルタ大会が開催されました。


 

 

 

開会式では三井豊平区長から「親子2代にわたって参加されているかもしれない地域ならではのこの大会では、勝ち負けはもとより、百人一首やいろはカルタを十分楽しみ、仲良く交流する機会にしてください」とのご挨拶をいただきました。

その後、いろはカルタは6チーム、百人一首は12チームが参加し、負けたチームの中には悔し涙を流す子どもがいる程の熱戦を繰り広げました。

 

 

 

 

 

 

お昼には恒例の育成委員手作りの「おしるこ」と「豚汁」をいただき、正月ならではの交流の機会となりました。

菊花展が行われました

11月2日(水)~3日(木・祝)の二日間、毎年恒例の菊花展が行われました。

菊cimg0338

 

 

 

 

 

 

 

cimg0344

 

 

 

 

 

今年も育てるのが大変だったようです。見にいらした方は立派な菊に感動していました。

平成28年度第2回自主消防訓練を実施しました  平成28年10月27日

28年度2回目の自主消防訓練を実施しました。今回は豊平消防署署員の方の立ち合いで、総合訓練を実施しました。㈱消防コンサルタント職員の指導の下、館内放送、通報、創造学園の皆さんの避難訓練、集会、最後に消火栓より放水しての消火訓練と滞りなく実施。参加者は、避難訓練に70名、消火訓練に7名が参加しました。

cimg2250

cimg2251

 

 

 

 

 

cimg2255cimg2256

文化祭・菊花展のご案内

10月22日(土)・23日(日)月寒公民館にて文化祭を行います。

 

10月22日(土)

☆開会式(1階体育室)9時45分~

☆月寒中学校吹奏楽部・演奏会(1階体育室)10時00分~10時40分

 

☆作品展示(1階~3階研修室)10時00分~16時00分

☆ステージ発表(1階体育室)11時00分~11時40分

☆フロア発表(1階体育室)12時00分~13時40分

 

☆展示サークルの体験会(1階体育室)14時00分~16時00分

 

 

10月23日(日)

☆作品展示(1階~3階研修室)9時00分~15時30分

☆ステージ発表(1階体育室)

午前:10時00分~11時10分  午後:12時20分~14時20分

 

☆沖縄剛柔流空手道 剛毅舘・演武(1階体育室)13時40分~

☆閉会式(1階体育室)14時20分~

☆お楽しみ抽選会(1階体育室)14時30分~

 

☆菊花展・・・11月2日(水)・3日(木・祝)

1階大研修室にて9時00分~17時00分 まで

 

 

会場 月寒公民館 札幌市豊平区月寒中央通7丁目

お問合わせ  011-851-0482

みなさまのご来場お待ちしております!