講義:「絵手紙年賀状講座」    令和元年11月19日(火)

北海道教育大学岩見沢校教授の田山修三先生にご講義いただきました。「絵手紙年賀状講座」と題して、絵手紙の歴史や考え方をお話いただきました。「絵手紙は下手でいい、下手がいい」と何度も話され、表情の硬かった学園生が徐々に穏やかになりました。後半、絵手紙の筆を持ち、実際に書き始めると心を解放しのびのびと作品を仕上げました。どの作品も個性的で「あじ」のあるいいものばかりになりました。不安や苦手意識を感じていた学園生も完成した作品を前に笑顔で、たいへん満足していました。

講義の様子を後ろから撮影した写真講師側から撮影した写真はがきに絵を描く班の様子を撮影した写真絵手紙を描く班の様子を撮影した写真

【背骨コンディショニング】は受付終了しました

特別講座【背骨コンディショニング】は募集定員に達しましたので、受付終了しました。

講義:フレイルの病態と支援について 令和元年11月14日(木)

北海道医療大学リハビリテーション科学部教授の鈴木英樹先生に「フレイルの病態と支援について」と題し、ご講義いただきました。フレイルの定義、サルコペニア、ロコモティブ症候群等について、解説いただきました。今後の生活を考えると学園生は他人事ではない切実なことと受け止めていたと思います。日頃から筋力やバランス力を高めること、そのために、予防対策として継続した運動を心がけることで筋肉量減少を防いだり、筋力の回復につながることを学びました。後半、実際に体を動かして、普段の生活の中の動作や運動を、意図的にゆっくり丁寧に行うことで筋肉量減少を防げるということを理解しました。最後に、全員、ロコモティブ度テストを行い、自身の良い診断結果も確認しました。

講師の後ろから撮影した写真講師側の前から撮影した写真講義の様子を後ろから撮影した写真スクワットしている様子を撮影した写真

【図書室】11月9日実施 絵本読み聞かせ

11月9日に絵本の読み聞かせを行いました。

大型紙芝居で読み聞かせ大型絵本に興味津々「わぁ~~~!すご~い!!」手作りの大型紙芝居&絵本にみんな興味津々!お話を盛り上げる音や歌に、子供たちも思わず声が出たり、一緒に口ずさんだり。「これも読んでほしかった~!」と名残惜しくも、あっという間の1時間!みんなで楽しい時間を過ごしました。

講義:認知症サポーター養成講座 令和元年11月12日(火)

つしま医療福祉グループ、ノテ地域包括ケア総合相談センターの荒木めぐみ様に「認知症サポーター養成講座」のご講義いただきました。「認知症は、タバコを吸う人と吸わない人とではどちらがなりやすいですか?」という問いかけからお話は始まり、認知症の実状や施策のあり方について説明いただきました。時折、学園生に問いかける形で講義は進みました。認知症の規定、認知症行方不明者、認知症と物忘れの違い等を具体的に取り上げて、丁寧に解説していただきました。後半、認知症にならないための10か条、認知症の方に接する上での基本姿勢と7つのポイント等のお話に、学園生は終始うなずいていました。あっという間に終了の時刻を迎えましたが、最後に質問にも一つ一つ丁寧に答えていただき、学園生はもっとお話を聞きたいという様子でした。いつも以上に集中し、認知症サポーターについて理解を深めた講義になりました。

講師の後ろから撮影した写真講義の様子を後ろから撮影した写真講義の様子を後ろから撮影した写真講義後オレンジリングを見せる学園生の様子を撮影した写真

【年越しは手打ちそばで】は受付終了しました

特別講座【年越しは手打ちそばで】は募集定員に達しましたので、受付終了しました。

特別講座のお知らせ

1~2まで11月13日(水)~11月19日(火)の間、公民館窓口またはお電話で先着順にて受付します。受付時間は10時~17時まで。

 

1.背骨コンディショニング~背骨のゆがみを整えて全身の不調を改善する運動~
主に仰向けやうつ伏せ、横に寝そべりながら行う体操です。簡単な体操で改善していきましょう!

日 時:11月25日、12月2日、12月9日(全3回・月曜日)10:00~11:30

対 象:豊平区にお住まいかお勤めの15歳以上(中・高校生を除く)※妊娠中の方、骨折している方は受講できません

定 員:15名

受講料:1,200円

持ち物:ヨガマット(もしくは大判バスタオル)、長めのフェイスタオル(足にかけてストレッチするために使います)、水分補給用の飲み物、動きやすい服装

場 所:月寒公民館 1階 大研修室

講 師:背骨コンディショニング協会パーソナルトレーナー 山田 桃世

 

2.年越しは手打ちそばで(試食・持ち帰りあり)
今年こそ年越しそばを打ってみませんか?講師の方が丁寧に指導してくれるので初めての方でも気軽に楽しくそば打ちを体験できます。

日 時:12月4日(水)10:00~13:00

対 象:豊平区にお住まいかお勤めの15歳以上(中・高校生を除く)

定 員:16名

受講料:1,000円

材料費:1,200円

持ち物:エプロン、三角巾、手ふき、持ち帰り容器(ジップロック不可)、筆記用具

場 所:月寒公民館 2階 料理室

講 師:北の郷そば工房 赤松 幸一ほか

 

講座に参加して、ウォームシェアしましょう!

お申込・お問合せは月寒公民館 851ー0482まで。

講義:音楽療法を通じて  令和元年11月7日(木)

北海道医療大学リハビリテーション科学部教授近藤里美先生にご講義いただきました。先生は朝の会からご参加くださり学園歌を伴奏していただきました。講義では、銅鐸の音に始まり、私たちが母親の胎内で出会う音など私たちの音楽性は生来的で、生涯的であることをスライドでお話いただきました。音と聴覚機能、そして音楽についての説明があり、講義の後半では、音楽療法の効果と実践例を映像でお話くださいました。音楽療法がいろいろな分野で年々素晴らしい成果を上げていることもよくわかりました。学園生は自身の手で作ったマラカスも講義の中で使い、楽しく過ごしました。歌唱、手拍子、楽器を用いての体験など、様々な活動を通し音楽療法について楽しく学習したご講義でした。

先生の伴奏で歌を歌っている様子講義の様子を後ろから撮影した写真リズムに合わせて体を動かせている様子音楽に合わせて体を動かせている様子

講義:「交流会レクチャー」 令和元年11月5日(火)

創造学園44期は「教養科と専攻科の交流会レクチャー」を行いました。昨年までは運動会という行事名でやっていましたが、今年から「交流会」という名称で、親睦をねらいの中心に据えて取り組みます。昨年までの運動会の取組とこれまでの経緯について説明してから、交流会のプログラムを基に要領をお話ししました。まだ細かい点は企画途上で変更があるかもしれませんが、十分に交流会のイメージをつかんだようです。交流会まで、あと1ケ月ほどありますが、一つ一つの取組に対して楽しく向き合っている姿は大変微笑ましい限りです。

講義の様子を前から撮影した写真講義の様子を後ろから撮影した写真班の話し合いの様子を撮影した写真班の話し合いの様子を撮影した写真

お知らせ

令和2年4月1日より、スリッパの貸し出しを中止します。

これまで体育室使用に際し、スリッパの貸し出しを実施してきましたが、衛生面、安全面を考慮してこれを中止することとしました。よって体育室使用の際には各人で上履きを用意していただくことになります。外靴のまま使用する際はこれまで通り体育室使用後の床清掃をお願いします。      札幌市月寒公民館運営委員会