第42回創造学園卒業式!          平成31年3月8日

3月8日(金)、ご来賓の月寒小学校・小野寺校長先生、あやめ野小学校・竹村校長先生、月寒中学校・藤井校長先生、卒業した各期会長の皆様と、学園長の西田豊平区長様、教育委員会生涯学習推進課の皆様、豊平区市民部域振興課の皆様、月寒公民館運営委員会三佐川会長他役員の皆様に見守られ、創造学園42期56名が卒業式を迎えました。卒業生が卒業証書を受けた後、2年間の皆勤者13名が賞状と記念品を授与されました。ご来賓紹介を挟み、在校生の43期工藤会長の送辞、42期阿内会長の答辞、そして全員で「蛍の光」を斉唱して式を終了しました。43期の在校生は前日に今までの感謝の気持ちを込めて「しおり」を贈呈し、当日は温かい拍手や励ましの言葉を送っていました。2年間の学園生活の締めくくりとなる心温まる式典でした。

在校生が卒業生にお祝いのしおりを渡すセレモニーの様子学園長の区長さんの式辞の様子式場で卒業生を正面から撮影した写真卒業生の記念写真撮影の様子を撮影した写真

教養科:「2分間スピーチ②」&「測定」     平成31年2月28日

創造学園43期教養科の「2分間スピーチ」が行われました。スピーチのテーマは各自自由に決めて、2分間内で伝えました。今回は5班、6班の二班でしたが、スピーチは創造学園教養科の1年間を振り返る内容が多く、どの学園生も共感しながら終始笑顔で過ごしていました。また、他には、心の病、奉仕活動、地震から学んだこと、仲間の良さ、優しい道づくり等、いろいろなテーマもあり、その話に引き付けられました。短く明快なスピーチは聞く側にとって魅力が増すことを改めて実感しました。                                    後半は、北海道医療大学の鈴木教授と学生が来館して、学園生の足指の力を測定しました。

研修室の後ろからスピーチの様子を撮影した研修室の後ろからスピーチの様子を撮影した発表者の後ろから様子を撮影した写真発表者の後ろから様子を撮影した写真鈴木教授の説明と学生たちの写真測定をしている様子を撮影した写真

教養科:「2分間スピーチ」①      平成31年2月21日

創造学園43期教養科の「2分間スピーチ」が行われました。スピーチのテーマは各自自由に決めて、2分間内で伝えました。今回は1班から4班までスピーチしました。スピーチは創造学園教養科の1年間を振り返る内容が多く、学園生は共感しながら終始笑顔で過ごしていました。また、他には、生活のリズムや初孫の話、老後の目標、挑戦すること等、いろいろなテーマもあり、その話に引き付けられました。短く明快なスピーチには予想以上の魅力があることを改めて実感しました。

スピーチの様子を演台の後ろから撮影した写真スピーチの様子を演台の後ろから撮影した写真スピーチの様子を演台の後ろから撮影した写真研修室の後ろから様子を撮影した写真

講義:悪質商法から身を守るために     平成31年2月14日

札幌消費者協会、消費生活アドバイザーの星原智江様にお話いただきました。日常生活の「契約」から始まり、だまされない対処法について具体例を取り上げて、分かりやすく、丁寧に説明していただきました。身に覚えのないハガキや不安になるような手続きの封書等には「消費者センター相談コーナー728-2121」に電話をかける。また、クーリングオフの仕方についてもお話があり、クイズにしながら、確かな学びが出来ました。最後に替え歌「オレオレ詐欺をやっつける歌」二曲を笑顔で元気よく歌いました。高齢者にとっては深刻なテーマですが、具体的な事例をたくさん取り上げながら、楽しく学んだ講義でした。

研修室の後ろから講義の様子を撮影した研修室の後ろから講義の様子を撮影した講師の後ろから講義の様子を撮影した写真講師の後ろから講義の様子を撮影した写真

講義:北海道の自治体改革と人々の生活     平成31年2月12日

北海学園大学法科大学院講師の森 啓先生にご講義いただきました。講義の前半は、統治と自治の押さえをしてから、「自治体改革」のお話でした。「自分たちの町は自分たちで」と代表者を選び「住み続けていたいと思えるまちに」することが、自治体改革であるとの主旨でした。講義の後半は、韓国、中国の事情や10歳少女の死を取り上げながら、「真実は何か」を見極める思考力を持つことが大切であると力説されていました。一人一人に訴えかける話し方と多様な具体で楽しくなるご講義に、学園生は何度もうなづいていました。

研修室の後ろから講義の様子を撮影した研修室の後ろから講義の様子を撮影した講師の後ろから講義の様子を撮影した写真研修室の後ろから講義の様子を撮影した

講義:病気を予防する良い姿勢の作り方  平成31年2月7日

コンディショニングサロンPhact(ファクト)代表の因 英利先生にご講義いただきました。自己紹介に続いて「良い姿勢をしてください」から講義が始まりました。足の裏のどこに力が入っているか、身体のどこに力が入っているかをチェックし、各自で記録しました。スライドを見ながら、この姿勢ではどこに力が入っているかを具体的に指摘していただきました。また、学園生の立ち方や力の入り方をチェックする中で、自分が最も負担が少ないと感じる立ち方がベストであることを教えていただきました。「良い姿勢=骨に体重の載った楽な姿勢」と再確認して終了しました。講義が終わるころには、今回の講義でねらっていたことをしっかり受け止めていた学園生が何人も見られ、笑顔で「良い姿勢」を学習しました。

講師の後ろから講義の様子を撮影した写真講師と学園生の様子を前から撮影した写真講師の後ろから講義の様子を撮影した写真研修室の後ろから講義の様子を撮影した

 

 

蔵書一斉点検・図書ボランティア     平成31年1月25日

創造学園教養科専攻科の学園生22名は、図書室の蔵書一斉点検に向けて図書ボランティアとして参加しました。蔵書の清掃、整理整頓等を午前と午後に分かれて行いました。朝から雪の中、定刻通り集まり、手順の説明を受けて、始めました。図書ボランティアを他の学校でもやっている方もいて、手慣れた仕事ぶりで、予定した以上の仕事をやっていただきました。司書の方が「大変な作業にもかかわらず、仲良く、楽しそうに手伝っていただきとても助かりました。」と話していました。創造学園では、月寒公園のゴミ拾い、北海道マラソンの給水ボランティアなどにも積極的に参加してきました。今後もボランティア活動を大切にしていきたいと思います。

図書の整理をしている様子を撮影した写真図書を本棚に戻すところを撮影した写真机上で一冊ずつ点検しているところを撮影した写真一冊ずつ点検した本を棚に戻す様子を撮影した写真

講義:北海道の自治と生活    平成31年1月24日

北海学園大学法科大学院講師の森 啓先生にご講義いただきました。講義の前半は、統治と自治の押さえをしてから、明治時代から現在に至る社会の変遷のお話でした。「自分たちの社会や町は自分たちで」と代表者を選び、民主的な社会や町と思えるようにすることが、自治体改革であるとの主旨でした。講義の後半は、権力のこと、警察のこと、韓国のこと等に触れながら、自身の物事を見つめる確かな目や考える立脚地を作ることが必要と話されました。また「真実は何か」を見極める思考力を持つことが大切であり、また、その思考には「座標軸」が重要であることを示されました。最後に質問をとる場面では丁寧に答えていただきました。終始一人一人に訴えかける話し方と多様な具体で楽しくなるご講義に、何度もうなづいている学園生の姿が印象的でした。

講師の後ろから講義の様子を撮影した写真研修室の後ろから講義の様子を撮影した写真研修室の後ろから講義の様子を撮影した写真講師の後ろから講義の様子を撮影した写真

講義:我が国の医療制度   平成30年12月13日

創造学園43期教養科は、北海道総合福祉研究センター理事長の五十嵐教行先生にお話いただきました。医療保険とは何かのお話から始まり、疾病構造の変化、そして医療費の現状をユーモアいっぱいにお話いただき、学園生はすっかり引き込まれていました。また、今の生活に直結するお話でもあったので、しっかりメモを取り、最後まで集中して受講できました。来週は管理栄養士の山元美恵子先生の講義です。

講義をしている講師の正面から撮影した写真研修室の後ろから全体の様子を撮影した写真講師の後ろから全体の様子を撮影した写真研修室の斜め後ろから全体の様子を撮影した写真

講義:「体幹ストレッチで健やか人生」      平成30年12月6日

札幌生涯学習インストラクターの会、嘉指 毅先生にストレッチを教えていただきました。今の健康を長く続けること、隙間時間に体を動かす習慣づくり、体幹を鍛えるという3つを柱に、お話を聞き、休憩をはさんで、さっそく実習に入りました。1つ目は椅子に座ったままで各種のストレッチを行い、続いて体幹ストレッチをやりました。最後は寝て行うストレッチでした。上手くできないこともありましたが、終始学園生は明るく元気よくストレッチを行っていました。先生も笑顔で一人一人に丁寧に関わり、とてもいい雰囲気の中、楽しくストレッチを学びました。

背伸びのストレッチをしているテイルズ様子を正面から撮影した写真撮影した写真椅子に座って簡単なストレッチをしている様子の写真マットに正座して説明を聞いている写真マットで足を伸ばし股関節のストレッチをしている写真