第42回創造学園卒業式!          平成31年3月8日

3月8日(金)、ご来賓の月寒小学校・小野寺校長先生、あやめ野小学校・竹村校長先生、月寒中学校・藤井校長先生、卒業した各期会長の皆様と、学園長の西田豊平区長様、教育委員会生涯学習推進課の皆様、豊平区市民部域振興課の皆様、月寒公民館運営委員会三佐川会長他役員の皆様に見守られ、創造学園42期56名が卒業式を迎えました。卒業生が卒業証書を受けた後、2年間の皆勤者13名が賞状と記念品を授与されました。ご来賓紹介を挟み、在校生の43期工藤会長の送辞、42期阿内会長の答辞、そして全員で「蛍の光」を斉唱して式を終了しました。43期の在校生は前日に今までの感謝の気持ちを込めて「しおり」を贈呈し、当日は温かい拍手や励ましの言葉を送っていました。2年間の学園生活の締めくくりとなる心温まる式典でした。

在校生が卒業生にお祝いのしおりを渡すセレモニーの様子学園長の区長さんの式辞の様子式場で卒業生を正面から撮影した写真卒業生の記念写真撮影の様子を撮影した写真

教養科:「2分間スピーチ②」&「測定」     平成31年2月28日

創造学園43期教養科の「2分間スピーチ」が行われました。スピーチのテーマは各自自由に決めて、2分間内で伝えました。今回は5班、6班の二班でしたが、スピーチは創造学園教養科の1年間を振り返る内容が多く、どの学園生も共感しながら終始笑顔で過ごしていました。また、他には、心の病、奉仕活動、地震から学んだこと、仲間の良さ、優しい道づくり等、いろいろなテーマもあり、その話に引き付けられました。短く明快なスピーチは聞く側にとって魅力が増すことを改めて実感しました。                                    後半は、北海道医療大学の鈴木教授と学生が来館して、学園生の足指の力を測定しました。

研修室の後ろからスピーチの様子を撮影した研修室の後ろからスピーチの様子を撮影した発表者の後ろから様子を撮影した写真発表者の後ろから様子を撮影した写真鈴木教授の説明と学生たちの写真測定をしている様子を撮影した写真

講義:「つながる力~地域家族の時代について」&「学生会解散総会」  平成31年2月26日

NPO法人シーズネット 理事の杉谷憲昭氏にご講義いただきました。講義は孤立死のことから始まり、これまでの個人の孤立から家族単位の孤立になることに対し、いろいろなケースを取り上げて説明していただきました。また、孤立死ゼロに向けて、地域家族を支える力として、3つのポイントを示されました。今日は創造学園42期専攻科最後の講義でしたが、卒業後の具体的な社会活動やボランティアについて考えさせられました。

午後から42期学生会解散総会を行いました。平成30年度の活動報告、決算報告・監査報告のすべてを承認し、最後に役員全員があいさつに立ちました。

研修室の後ろから講義の様子を撮影した講師の後ろから講義の様子を撮影した写真講師の後ろから講義の様子を撮影した写真研修室の後ろから講義の様子を撮影した総会の様子を後ろから撮影した写真総会の様子を後ろから撮影した写真

教養科:「2分間スピーチ」①      平成31年2月21日

創造学園43期教養科の「2分間スピーチ」が行われました。スピーチのテーマは各自自由に決めて、2分間内で伝えました。今回は1班から4班までスピーチしました。スピーチは創造学園教養科の1年間を振り返る内容が多く、学園生は共感しながら終始笑顔で過ごしていました。また、他には、生活のリズムや初孫の話、老後の目標、挑戦すること等、いろいろなテーマもあり、その話に引き付けられました。短く明快なスピーチには予想以上の魅力があることを改めて実感しました。

スピーチの様子を演台の後ろから撮影した写真スピーチの様子を演台の後ろから撮影した写真スピーチの様子を演台の後ろから撮影した写真研修室の後ろから様子を撮影した写真

視察研修:青少年科学館「プラネタリウム&展示」 平成31年2月19日

創造学園42期専攻科の学園生47名が、視察研修を実施しました。バスや地下鉄を乗り継いで青少年科学館に現地集合しました。早速、プラネタリウムを観覧しました。コズミック・コリジョン…原始惑星の衝突を繰り返し、小惑星の落下が地球にもたらす気候の大変動と恐竜絶滅など宇宙が誕生して138億年のドラマを見て感動しました。また、後半は、2階3階の展示室を中心に見て回りました。雪のシャンデリア、音や光の無限反射、パワーフォレスト、ロボットコーナー等、たくさんの体験を通して、たくさんの不思議を感じ取りました。

プラネタリウムでスクリーンに歓迎の場面を撮影した写真プラネタリウムを観覧している学園生の座席の様子展示をグループで見て回っている様子の写真グループで拍手をして光の変化を見ている写真

講義:悪質商法から身を守るために     平成31年2月14日

札幌消費者協会、消費生活アドバイザーの星原智江様にお話いただきました。日常生活の「契約」から始まり、だまされない対処法について具体例を取り上げて、分かりやすく、丁寧に説明していただきました。身に覚えのないハガキや不安になるような手続きの封書等には「消費者センター相談コーナー728-2121」に電話をかける。また、クーリングオフの仕方についてもお話があり、クイズにしながら、確かな学びが出来ました。最後に替え歌「オレオレ詐欺をやっつける歌」二曲を笑顔で元気よく歌いました。高齢者にとっては深刻なテーマですが、具体的な事例をたくさん取り上げながら、楽しく学んだ講義でした。

研修室の後ろから講義の様子を撮影した研修室の後ろから講義の様子を撮影した講師の後ろから講義の様子を撮影した写真講師の後ろから講義の様子を撮影した写真

講義:北海道の自治体改革と人々の生活     平成31年2月12日

北海学園大学法科大学院講師の森 啓先生にご講義いただきました。講義の前半は、統治と自治の押さえをしてから、「自治体改革」のお話でした。「自分たちの町は自分たちで」と代表者を選び「住み続けていたいと思えるまちに」することが、自治体改革であるとの主旨でした。講義の後半は、韓国、中国の事情や10歳少女の死を取り上げながら、「真実は何か」を見極める思考力を持つことが大切であると力説されていました。一人一人に訴えかける話し方と多様な具体で楽しくなるご講義に、学園生は何度もうなづいていました。

研修室の後ろから講義の様子を撮影した研修室の後ろから講義の様子を撮影した講師の後ろから講義の様子を撮影した写真研修室の後ろから講義の様子を撮影した

講義:病気を予防する良い姿勢の作り方  平成31年2月7日

コンディショニングサロンPhact(ファクト)代表の因 英利先生にご講義いただきました。自己紹介に続いて「良い姿勢をしてください」から講義が始まりました。足の裏のどこに力が入っているか、身体のどこに力が入っているかをチェックし、各自で記録しました。スライドを見ながら、この姿勢ではどこに力が入っているかを具体的に指摘していただきました。また、学園生の立ち方や力の入り方をチェックする中で、自分が最も負担が少ないと感じる立ち方がベストであることを教えていただきました。「良い姿勢=骨に体重の載った楽な姿勢」と再確認して終了しました。講義が終わるころには、今回の講義でねらっていたことをしっかり受け止めていた学園生が何人も見られ、笑顔で「良い姿勢」を学習しました。

講師の後ろから講義の様子を撮影した写真講師と学園生の様子を前から撮影した写真講師の後ろから講義の様子を撮影した写真研修室の後ろから講義の様子を撮影した

 

 

講義:豊平区の地形地質は支笏火山の贈り物  平成31年2月5日

山の手博物館理事の若松幹男先生にご講義いただきました。地球の成り立ちから始まり、豊平区の地質のお話と講義が展開しました。古い時代の泥岩や砂岩、粘土層、豊平川扇状地堆積物の上に支笏火山の堆積物が重なっているとのことです。続いて支笏火山の話になり、5万5千年前に始まり100年前までの噴火まで、支笏湖が今の形になる過程を説明していただきました。後半は昨年9月の胆振東部地震についてお話を伺いました。分かりやすい写真や多くの具体的な資料提示で、終始学園生をひきつける話でした。地質を研究され、またその知識を小学生にも伝えていらっしゃる先生の、これまでの実績を感じた楽しいご講義でした。

研修室の後ろから講義の様子を撮影した講師の後ろから講義の様子を撮影した写真研修室の後ろから講義の様子を撮影した講師の後ろから講義の様子を撮影した写真

講義:札幌の歴史を知る          平成31年1月29日

札幌市総務局行政部公文書館の榎本洋介先生にご講義いただきました。「札幌の都市建設と都市整備」と題して、札幌がどのような意図で築かれ、どのように発展してきたかを、古文書や最近の写真等を基にお話いただきました。松浦武四郎や島義勇が描いた札幌が、人口増加や都市問題の発生を経て現在に至っていることを知り、自分達が居住する札幌を新たに見直す、得難い機会となったご講義でした。

講師の後ろから講義の様子を撮影した写真研修室の後ろから講義の様子を撮影した写真講師の後ろから講義の様子を撮影した写真研修室の後ろから講義の様子を撮影した写真