講義「ホスピス いのちの現場から」  平成29年1月17日

創造学園40期専攻科の3学期が本日スタートしました。最初の講義は、札幌南青洲病院ホスピス病棟医長の加藤久昌先生のご講義でした。日本の「がん」の現状から始まり、ホスピスに関する意識調査の結果、そしてホスピス・緩和ケアについてが講義の前半でした。後半は、札幌南青洲病院のホスピスで大切にしていることを中心でした。最後にホスピスとは、「その人らしい人生を全うできるように、大切な人とともに支え寄り添うところ」と表現され終了。重いテーマでしたが、学園生の皆さんの真剣な表情が印象的な講義でした。