講義「蝦夷地の古地図と地名」  平成28年12月1日

古地図研究家の打田元輝先生にご講義いただきました。講義では大量の古地図を持ち込んで、一枚ごとに開設してくださいました。最初は蝦夷地が全く載っていない地図に始まり、今とは似ても似つかない形に描かれた地図、そして少しずつ現在に近い形に描かれたものに変わっていく古地図は、たいへん魅力的でした。そこには、近藤重蔵や間宮林蔵、伊能忠敬などの努力の成果が結集していることを学園の皆さんも感じていました。最後は札幌の地名をアイヌ語と照らし合わせたお話で終了しました。古地図と地名で、古の北海道に思いを馳せたご講義でした。

cimg2377cimg2374cimg2380