講義「転ばぬ先の“運動”~転倒予防~」 平成28年11月1日

北海道医療大学講師の佐々木祐二先生にご講義いただきました。講義の前半は、平均寿命と健康寿命について、そして高齢者が介護支援が必要になる原因の一つに転倒による骨折があること。それを防ぐために何を予防することが大切かのお話でした。後半は、たとえ転んでも骨折しない身体をつくるために必要なことをお話しいただきました。まずカルシウム、ビタミンなどの栄養、そして普段からのロコトレを教えていただきました。関心のあるテーマで、特にロコトレには学園の皆さんも熱心に取り組んでいました。

講義の様子講義の様子講義の様子